Lefty Hand Creamドラマ主題歌のポーカーフェイス!曲やCDについて調べてみた!

Lefty Hand Cream(レフティーハンドクリーム)は、YouTubeをメインに活動している可愛いくて癒される透き通った歌声の女性歌手ユーチューバーです!

何かと秘められた彼女の顔出しやCDアルバム、主題歌のポーカーフェイスなどについて調べてみたのでご紹介します!

Lefty Hand Creamのwiki的プロフィール!顔出ししてる?

本名:非公開

生年月日:1月18日

年齢:非公開

身長:157cm

本名は非公開なんですね。

生年月日は1月18日で、年齢は非公開ですが、2017年3月にTwitterで「年齢確認された」とつぶやいていたことから、20代ではないかと言われています。

身長は157cmとやや小柄なんですね。

好きなものは、アート、宇宙、サメ、しろくま、恐竜だとか。

出身は関東だそうです。

Lefty Hand Creamは、2014年からネット上のみで活動を開始し、一度聞くと耳から離れない声で有名となり、現在ではチャンネル登録者数47万人(2019年12月現在)にもなる人気の歌い手です。

男女問わず、カバー曲を主体に歌っていて、国内だけではなく海外からのアクセス数も多い人気上昇中の女性歌手ユーチューバーです。




顔出しをしているか調べてみたところ、動画では、レコーディングマイクに隠れていて、片目か両目が出ている状態か、他にはマスクをして顔の半分が隠れている画像がありました。

以前は、ハーフとも噂をされたようですが、twitterでご本人が日本人ですと言っていましたので、間違いないと思います。

見えている顔のパーツだけでの写真を見ただけでも、かわいらしいチャーミングな顔立ちをされていることがわかりますよね。

Lefty Hand Creamと春茶って?おすすめの曲は?

Lefty Hand Creamが歌っている曲はどれも素敵な曲ばかりなのですが、その中でも人気があるのはSMAPの『オレンジ』です。

また、シンガーソングライターであるコバソロ、Lefty Hand Creamと同じくカバー曲を歌っている動画クリエイター春茶とコラボして有名なのが西野カナの『トリセツ』です。

元々、とても人気のある楽曲なんですが、Lefty Hand Creamと春茶は声がやや似ていて、その二人がコラボすることで相乗効果なのかさらに心に染み入るんです!

そこにコバソロのアレンジが加わることで二人の声が活かされた、新たな『トリセツ』を聞くことができるので、まだ聞いたことがない方はぜひ聞いてみてください!




Lefty Hand CreamはCDアルバム出しているの?

2017年にカバー曲集でもあるLefty Hand Covers、2018年には Lefty Hand Coversをヴィレッジヴァンガードの雑貨通販サイトやamazonで販売されています。

どの曲もLefty Hand Creamの歌声が活かされるような選曲になっているので、何度でも聞いてしまうアルバムとなっています。

そして、この度2020年1月にユニバーサル ミュージック内のレーベル、ユニバーサルシグマからメジャーデビューアルバム「1LDKをリリースすることになりました!すごいですね!

収録されている曲も素敵な曲ばかりなので、ぜひみなさんに過去のアルバムと合わせて聞いていただいてLefty Hand Creamの世界で癒されてほしいです。

Lefty Hand Creamの楽曲ポーカーフェイスが主題歌!

12月7日から放送しているフジテレビ系土曜ドラマ要潤主演の「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~」のエンディング主題歌Lefty Hand Creamの楽曲ポーカーフェイスなんです!

歌詞はみるきーうぇい伊集院香織がこのドラマのために書き下ろしたそうです。

この楽曲はオリジナル曲で20201月に発売される「1LDK」に収録されています。

このリリースとともに初の海外公演を含むツアーも決定されています。

メジャーデビューすることなり、もっと素顔が明かされるようになるかもしれませんね!画面の中から飛び出したLefty Hand Creamの歌声を生で聞ける日も近いと思います!これからの活躍がとても楽しみです!これからも応援していきたいと思います!

スポンサーリンク